農地を手に入れるのはハードルが高い

農地というのは農家でないと入手できない「農地法」という融通が利かない法律があるものだから、たとえ放棄地でも固定資産税の地目で「畑」になっていたら、農家ではない私たちは始めは「借りる」という方法しかありません。

しかも空き家バンクのような「耕作放棄地バンク」なんてものはありませんから、通える範囲内で放棄地を見つけたら、不動産屋を通じずに自分で所有者などを調べて交渉に行くか、近所親戚友人のツテを頼るしかなさそうです。

今住んでいるところから遠い土地ならば、家も一緒に借りられるという条件が加わりますね。

畑は、1年や2年で落ち着く様なプロジェクトではないので、最低5年はその土地に住む必要がありそうです。

そう考えると地域の人との付き合いも関係してくるので、借りるという中途半端な位置づけにせずに「移住者」として農地付き空き家を買うのも、選択肢として入ってきますね。

移り住むという方法だと・・・・・

① 農地付き住宅を購入、就農して農地法をクリアする

② 雑種地などの畑ではない土地を手に入れて自家菜園の畑にする

③ 山林を買って家から畑まで初めから開墾してしまう

うーむ、こう書いていくとハードルが高く見えますね。

面白そうなのが、やはり④の山林開墾でしょうか(セルフビルドというのも流行っている様で!)

めっちゃ厳しそうだw

でも人間「面白そう」と思う方へ行ったほうが人生は濃くなれそうな気はします。

方法は色々ですが「何とか近い将来達成したい!」と、翠彗ただすは希望を持ち続けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る