スクリーンショット 2019-03-03 18.22.08
0

同人即売会の後日談(+通販のお知らせ)

こんにちは。董火ru-koです。

この間チラと告知しましたが、先日、とある西日本で開催された「文学フリマ」という同人即売会に参加してまいりました。

文学と言っても、「自身が文学と信じる物(絵本、イラスト、写真集や漫画も!)なら何でもおk」という、なんだかコミティアやコミケよりも自由度が大きいのでは?と感じさせるイベント(二次創作やグッズ等小物もOK!)で、自分は「絵本」というジャンルで出展させていただきました。

買い手としては(実は)何度か足を運んでいるので、雰囲気は既に知っているつもりでしたが、それは客側の感覚だったので、「売る側」の感覚はやはり大きく違うものがあり、とても新鮮でしたね!

董火ru-koが頒布した作品は、

① 和綴じの絵本「っとんっ」全年齢対象の絵本(感覚で読む内容)

② 和綴じの絵本「ヨリソウ」小学校高学年~の、小説・絵本・漫画の間の様な挿絵の多い本(すこし文学よりの短編)

③ ポストカード7種類

でした。こうして挙げると、控えめな出展ですね。

(サークル名は別に作って参加しました)

設営は、スチームパンク調にレトロアイテムをちりばめて、高々とポスタースタンドも立てたりと、とにかく買っていただくように目立つようにしました!

効果は、拙作を求めて来た方々のみぞ知る・・・ですが。

【お知らせ】通販も開始しましたので、気になる方はBOOTHから見てみてくだされ。

(※H31年3月いっぱいまでは、定価ではなくイベント価格で出品しております!)

さて、本番のイベントの様子を少しご報告しますと・・・

自分に割り当てられたブースの位置が、会場の奥の方だった所為か、11時から始まった当イベントでしたが、一般の来場者の人通りが、割りかし少なめの様な印象を受けましたね。

それでも、トイレの近くという場所的な強み(?)で、正午辺りから次第に立ち読みに来られる方々が増えていき、1時頃には最も多く人だかり(2~3組)が出来ていて盛り上がりました!

初めての参加だったので、5冊程度買って頂けたら上等・・・と考えていましたが、結果的には、10組以上の方々に手に取っていただきました!!

対面でお金を出して買って頂けるというのは、これはもう、表現しようのない喜びがこみ上げてくるものがありましたね!

相手が、買う価値があると納得して購入した、ということですからね。

・・・自分の中で、何かが弾ける音が聞こえた気がいたします。ブォヮアッッ!!

「見本誌(立ち読み)コーナー」は会場にあったのですが、自分のブースにも立ち読み本を用意していたので、目の前でじっくりと読んでいかれる方が多かったですね。

これは、地域の特色?かも知れませんが、本当にじっくりと、丁寧に最後まで読んでから購入するか決める方が多かった気がしました。

絵本、という括りでの参加でしたが、購入して頂いた方の大半が、自分よりもはるかに人生の先輩であるご婦人や紳士でした。これは、意外で驚いた点です。

「(ボソッ)見本誌コーナーで読んで、いい話だったので・・・」と一言感想をくださって購入されたご婦人の声が、今でも時折思い出しては嬉しくて頭の中で跳ね回っております。

また、小さいお子様連れのご家族も何組か見に来ていただきました。中々購入まではいきませんでしたが、子供さんを肩車してバランスを保ちながら立ち読みをされる強者な父親など、インパクトに残る風景も見れたので、非常に楽しめました。

現地の友人に隣に座って売り子をしてもらいましたが、初の為かタイミングが分からず、ほかのブースをみて回る余裕が中々無くて、事前にチェックしていた気になるサークルがあったのに、当日の緊張感で記憶が吹っ飛んでしまい、他の参加者の作品はほんの少ししか購入できませんでした・・・。

これは、かなり心残りな点です。

猫好き(と思われる)あるお客さんが「ネットで調べてメモってきたんですよ。猫が出てくるのはどの本ですか?!」とブース番号と特徴を箇条書きにしたメモを見せながら聞いてこられた時がありましたが、成る程自分もメモっておけばよかったなと、勉強になりました。

そんなこんなで、初のイベント参加でしたが、大変有意義な時間で非常に楽しませていただきました!!

今後もまた、機会があればドコソコで参加させてもらおうと思います!

その時は、お知らせいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA